ピルとは、エストロゲン(卵胞ホルモン、女性ホルモンとも呼ねれています。月経周期によって分泌量が変化します)とプロゲステノーゲンといわれるホルモンが入っている薬です。ピルといえば、避妊薬として知られていますが、生理時に起こるさまざまなトラブル、特に生理痛(月経困難症と呼ぶこともあります)や生理不順(本来なら一定の周期で起こるはずの生理が不定期になってしまうことをいいます)などを解消する効果もあるのです。ピルは、体のホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)を妊娠している状態に似たようにする事で排卵を抑えます。つまり、排卵が起こらなくなるわけで、その結果として生理痛が軽くなるんです。また、ピルを服用する事で、生理の周期が一定になり、生理の出血量も減る傾向があるでしょう。以上っぽいことから、ピルは生理時の(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)をかなり解消してくれる非常にありがたい薬と言えるでしょう。しかし、ピルは鎮痛剤(アセトアミノフェンがどういう作用によって痛みを鎮めているのかは、実はまだよくわかっていないのだとか)のように生理の痛みをすぐにおさえる効果のあると言うものではないものです。生理をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)する事により痛みを軽くさせると言う薬ですので、痛いから飲むと言うものではないのです。それに、ピルは定期的にしっかりと服用しなくてはいけません。これは意外にわずらわしいだといえますが、それでもあの生理の不快な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)から解放されてるなら、副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)が少ないピルはお勧めですよ。但し、ピルは薬局では買う事が可能でず、医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)の処方箋が必要になります。また、保険も適用にならないのです。そのために、自費診療になり、病院や医院などにより料金が異なるのではないでしょうか。目安としては、初回は検査がありますので1万円前後、ピルの費用は2000〜三千円くらい。料金が気になる場合は、電話などで予め問い合わせると良いですねー